忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[27]  [26]  [2]  [15]  [4]  [3]  [1]  [6]  [10]  [17]  [22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

41QVLMIjuZL._SL500_AA240_.jpg 堀内都喜子『フィンランド 豊かさのメソッド』(集英社新書、2008年7月22日)

フィンランドはいまでこそ、ノキアの本拠地としてIT先進国のイメージが出来上がっているが、少し前までは森と湖、そして白夜のイメージしかなかった。それでも北欧の国々には豊かさという印象が強かった。
大した産業もないのに、どうして豊かさを維持できるのか。ずっと不思議に思っていた。そして今でも思っている。




その昔、賀川豊彦が目指した国々が北欧だった。戦争をやめた国。そして農業が充実している。キリスト教の精神が行き渡っている。そんなイメージがぴったりの国々で、「イギリスやドイツをまねることはない。中ぐらいの国を目指せばいい」。そんな意味のことを繰り返し述べている。
内村鑑三の『デンマルク国の話』を読むと、デンマークが初めから豊かでなかったことが分かる。豊かな酪農地帯であるシュレスウィッヒとホルスタインをプロシアに奪われ、荒涼とした土地だけが残された。150年ほど前にグルンディッヒが現れ人々に植林を訴えた。人間の努力で緑が芽生え、気候さえも変わってしまった。
いまの緑土はデンマーク国民の汗の結晶によって生まれ変わったものなのだ。勤勉と不屈の精神が豊かさを生み出しているのだとすれば、どこの国にも希望が生まれる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]