忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉岡逸夫『政治の風格 総理をめざした外交官伴正一の生涯』 (高陵社書店,2009年5月)77110973.jpg

第1章 成長編(虚弱児 小学校時代 ほか)
第2章 戦争(海軍経理学校 パラオの夕日 ほか)
第3章 再生(東大進学 見合い ほか)
第4章 外交官(外交官研修 アメリカ旅行 ほか)
第5章 政治家への道(日本 選挙 ほか)

かつて、戦後の日本に真に日本を思う志を持った武士がいた。その名は伴正一。本書は彼の一生を描いた物語である。彼は、子どもの頃から、総理大臣になるこ とを夢見て、実際に行動を起こしていた男である。それは、権力欲からでも、私欲からでもない。純粋に日本や世界のことを思ってのことである。彼は、外交官 となって、青年海外協力隊の事務局長となって、いまの青年海外協力隊の基礎を作った。さらに、日中国交回復の時には、中国公使として活躍する。その後、日 本の国を変えようとして政界進出を試みるも失敗に終わる。総理大臣になる夢は叶わなかったが、自らの志を貫き通した彼の一生は、政治が荒廃している現在、 必ずや多くの人に感動を与えることであろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]