忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[28]  [27]  [26]  [2]  [15]  [4]  [3]  [1]  [6]  [10]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

77478a82.jpg虎尾正久『時とはなにか』(講談社学術文庫、2008年8月7日)
副題「暦の起源から相対論的“時”まで」

時を測るのは古代から為政者の仕事だった。というより「時」を支配するのは為政者の権限だったといった方が正しいかもしれない。

古来、時は太陽の運行もしくは月の運行によって示された。月は読んで字のごとく月の運行の方が分かりやすく、年は太陽の運行そのものなのだが、近代的「時」は原子の動きをもとに計測される。時間としては正しいのだが、そもそもが周期や速度が一定していない太陽や月の運行をもとに「時」が定められてきたから、当然、誤差が生じる。

どちらが正しいのか。もちろん両方とも正しいのである。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]