忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[26]  [2]  [15]  [4]  [3]  [1]  [6]  [10]  [17]  [22]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HTbookCoverImage.jpg 高橋幸春『日系人の歴史を知ろう』(岩波ジュニア新書、2008年9月19日)

岩波ジュニア新書だが、大人の読み物。先進国の仲間入りをして忘れてしまった日本人に、かつて貧しかった時代の移民、出稼ぎ史を思い起こさせてくれる。本来は忘れてはならない歴史なのに。

豊かになったいまの日本人は、異なるものを受け入れる度量を忘れている。外国人だけでない。貧乏だったときは障害者や年寄りとみんな一緒に生きていたはずなのに。彼らは社会保障という制度のもとで施設に追いやられ日常生活から見えなくされている。

日系ブラジル人は、もとは日本人だった。多民族国家として建国したブラジルと「単一民族」国家日本と二つの祖国を持つ。そのはざまにいつまで翻弄されるのだろうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]