忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

41Ux0GzZPmL._SL500_AA240_.jpg溝口睦子『アマテラスの誕生』(岩波新書、2009年1月)

日本の皇祖神は「タカムスヒ」であると日本書紀に書いてある。古事記にも記述がある。にもかかわらず「アマテラス」が皇祖だと信じられている。そのなぞに挑んだのがこの本である。

「タカムスヒ」は半島から伝わった神さまだと考えられている。一方の「アマテラス」は伊勢の神さまであることは確かである。その皇祖神の差し替えが「いつ」「なんのために」行われたのか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   反貧困    ♠ HOME ♠    法窓夜話   ≫
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]