忍者ブログ
筆者が読んだ本の読書日記。書評ではなく、著書の内容から、自らの体験や時代背景を読み解くことを目指します。筆者の備忘録でもあります。
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22be0159.jpg徳富蘆花『不如帰』(岩波新書、1938年7月1日)

大山巌元帥の娘の哀話をもとにした、浪子と武男という若い夫婦の哀しい物語。明治31-32年、国民新聞に連載され、明治期の空前のベストセラーとなり、徳富濾過の名前を高めた。30万部と売ったといわれる。

明治期のベストセラーが『不如帰』なら、大正期のベストセラーは『死線を越えて』。3部作で400万部を売った。そして昭和のベストセラーといえば、村上春樹『ノルウェイの森』なのだそうだ。これも2部作で単行本だけで400万部を超えている。(伴 武澄)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
伴 武澄
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/05/05
趣味:
賀川豊彦研究
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター

Copyright (c)紫竹庵読書日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]